国際化第三弾

お稽古日が日曜の午後というプライムタイムであるせいか、若い人はなかなか来られないようです。

先日、とうとう決心して、昔の友人たちに声をかけて、彼らのホームページ等で稽古場の場所を公表してもらうことにしました。これから外国人の問い合わせがあるかもしれません。

http://arakiryu.org/wp/?page_id=347
http://www.koryu.com/  (未掲載)

これらのページを見ていて感じたことは、外国人が本当によく武道を研究している、ということです。系統立てて、あらゆる面から歴史を解明して、本をたくさんものにしています。本当に頭が下がります。

それに引き換え、自分は歴史関係については何も知らないのと同じです。昔、先生に連れられて天道流ゆかりの先生のお墓参りに行ったくらいです。

先生の教え方は、「体で覚える」ということだったので、天道流の本を読むことはありませんでした。
稽古が一番大切ということを叩き込まれたので、猪突猛進で稽古三昧でした。
ただ、歴史などの研究を軽んじたのは、言い訳できません。これから少しずつ始めていこうと考えています。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック