皆さん!

せっかくお道具を揃えたのにお稽古に来ていない皆さん!  お稽古しませんか!!

若い皆さんは、これからの人生は未知数で、将来のことは予想もつかないかもしれませんが、一つ確実なことは、誰でも必ず年をとる、ということです。

年をとった時、あるいは、困難に直面した時、自分の心の拠り所となるのが、こつこつ続けてきた武道の稽古です。
生活のあらゆる局面で行動の指針となるため、自信がつきます。
物事を全体的に見る訓練をするため、自分が置かれている状況の判断がつきやすくなります。
動体視力がよくなります。

何より、日本のすばらしい伝統を担うことは、それだけでも日本人として誇れることであり、日本の歴史の中での伝統の橋渡し役として自分の存在価値が高まります。

私は今年、59歳になりました。
武道を実践していることが、普通の中年のおばさんと違うところです。
すばらしい師を得て学んだすばらしい伝統を次世代に伝える使命があります。

皆さん、是非受け取ってください!!!




この記事へのコメント

この記事へのトラックバック