受太刀

現代では、薙刀術が有名な天道流です。

長い歴史の中で、天道流の中の薙刀の位置づけはどうだったのか、と想像してみると、剣、杖、鎖鎌、小太刀に比べて、型の数が圧倒的に多いことから、やはり中心的な存在だったのかと考えられます。

緻密で合理的な技は完成度が高く、よほど稽古しないと、これらを正しく行うことはできません。

そのため稽古では、まず、薙刀の仕太刀を稽古し、何年か過ぎて、ようやく受太刀を習います。あくまで薙刀の仕太刀の修練が優先されます。

私の場合、太刀に不安があったので、天道流の源流である香取神道流に入門しました。
私の先生は、これに対して烈火のごとく怒りました  (天道流を始める前から行っていた弓術、天道流の後に入門した神道夢想流杖術については、先生は容認していました。戸田派武甲流は、先生に強制的にやらされました)。天道流の稽古の中で太刀を修練すべき、というお考えだったのだろうと推察されます。

香取神道流の剣術の稽古は、仕太刀の動きを一通り覚えたら、技の巧拙に関わりなく受太刀を習います。神道夢想流の杖術も同様です。天道流の薙刀術のように、何年も仕太刀のみ、というのは、比較的珍しいかもしれません。

以前にも忙しい現代における武道の稽古について書きましたが、子供の時に稽古を始めるのではなく、大人になって始める人たちについては、受太刀を早めに習って頂いて、相手とのやりとりの醍醐味を知って頂くと、稽古人口が増えるのではないかと、個人的には感じています。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック