今年最後のお稽古

今日はお二人が稽古に来られる予定です。
今年最後なので、いい締めくくりができれば、と願っています。

お稽古をする目的は、人によってさまざまでしょうが、自分の場合は、単純に「うまくなりたい」という焦燥感が常にあったように思います。

隔靴掻痒ではないですが、「かゆいんだけど、届かない」的な一種のイライラ感が原動力としてありました。「道を究める」などと、ご大層なことは思いませんでした。

「わからない、どうすればこれができるようになるか!!」と、山ほどあった疑問が、だんだん少なくなり、とうとう頭の上に大空が広がったように感じた時、イライラ感が消えて、自分の稽古の事だけに集中していた気持ちが、外に向くようになりました。

今、思うのは、天道流のすばらしさを一人でも多くの人に伝えたい、先生の高度な技をどうにかして他の人に伝えたい、ということです。草の根で、天道流を後世に引き継ぐ橋渡し役をしなければ、という気持ちがあるのに、これを受け取ってくれる人が少ない、という新たな焦燥感があります。

来年は、もっと充実したお稽古ができますように!

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック